備忘録の備忘録

とにかく書くためのブログ。

人生の方向性についての緩やかな考察

「社会」を語り、「社会」を動かす人間になるために

①「今社会がこうある構造的理由」を探り、②「未来はこうあるべきだという理想像」を明確にし、③「現状と理想のギャップを埋めるための道筋」を描き、④「始動する」。

①~③が研究主要領域で、②~④が実践主要領域と言えるだろう(すっぱり切り分けるならば①~③が研究、④が実践か?)

 

その中で、僕は①~③のプロセスを自らやりぬく力を身につけるために、建築の研究というものを自分なりにしっかりと向き合ってやってみようと思う。

そして、それを実行に移すための部分を、今関わっているいくつかのプロジェクトや団体で身につけていく。

キーワードは建築行政、そして人事

 

深堀りをするオブジェクト、自らの独自性を身につける場としての「建築」

社会を動かす一つの仕組みとしての「行政・政策」

そして社会が成り立つ上で最も重要な役割を担う「人」。

 

それらを軸にインプットとして自分大学構想、アウトプットとしての自分事業構想(今適当につけてしまった仮題)をこの10か月で形にしよう。

 

最後に、今日聞いたおすすめ書籍のメモ

茶の世界史

 

・・・現存する記録だと、イギリスで最初に飲まれた茶は日本茶だったという。

今やイギリス文化に根付いている紅茶文化も、数百年前にゲームチェンジがあって、それまでは決して当たり前ではなかったとのこと。

 

ゲームチェンジは、意外にもあっさりと起こることを体感できる本だという。